脱毛

脱毛後のお肌の状態と保湿方法~佐野サロンアンジュ~

お肌の乾燥で脱毛の施術を断られたことがある、脱毛後お肌にかゆみを感じた、乾燥しやすくなった、そんな経験はありませんか?

脱毛の施術前後には、しっかりと肌を保湿することが大切です。脱毛後の肌は光やレーザーによる刺激を受けたデリケートな状態のため、保湿して肌をいたわる必要があります。また、脱毛前の保湿には、脱毛効果を上げたり、施術時の痛みをやわらげたりする効果もあります。 ここでは、脱毛の前後に保湿を行う理由や効果のほか、脱毛後のお肌の状態、自宅でできる正しい保湿方法についてご紹介します。

●脱毛の前後にしっかりお肌を保湿する理由

脱毛後のトラブルリスクを軽減する

肌が乾燥している状態で脱毛の施術を受けると、肌への負担が大きくなります。また、レーザーなどの照射時の痛みも強くなります。脱毛の施術の痛みや負担を軽減するために、施術前の保湿が不可欠であるといえるでしょう。
また、脱毛の施術を受けた後の肌は、光やレーザーによる熱で水分が奪われ、乾燥した状態になります。肌が乾燥していると、肌のバリア機能が低下するため、少しの刺激で赤みやかゆみなどが起こる場合があります。脱毛後は保湿をすることで、乾燥による肌トラブルのリスクを軽減する必要があるのです。

脱毛効果を上げる効果が期待できる

肌が乾燥した状態が続いて皮膚が硬くなると、毛が抜けにくくなり、脱毛効果が落ちることがあります。脱毛する前に保湿をすることで、皮膚が硬くなるのを防げば、脱毛効果を高めることができるでしょう。
注意点として、脱毛直前に保湿を行うと保湿剤が毛穴に入り込み、レーザーを妨げる要因となる場合がありますので、1日前くらいを目安に行ってください。

●脱毛前後に起こりうるトラブル

ココに注意

  • ピリピリとした痛みが続く
  • 肌がほてった状態が続く
  • 肌に赤みが残る
  • 肌が乾燥してカサカサになったり、粉を吹いてしまったりする

脱毛後のお肌の状態

脱毛サロンや美容クリニックで行われるムダ毛の処理方法は、どちらもムダ毛の黒い色に反応する光・レーザーを当てて施術しています。

ムダ毛の1本1本に熱が伝わることでムダ毛が抜け落ちていく仕組みなのですが、当然この施術は肌への影響もあります。
時には、機械の出力の加減でやけどを負った状態になることも。強い熱量を持った機械で脱毛を行うため、脱毛効果が得られる一方で肌へのダメージについても考えなくてはなりません。

つまり、脱毛後の肌状態は「日焼け」と似た状態。
熱を持っていたり、肌の水分が減ってしまったりと、とてもデリケートな状態になっています。

●自宅でできるアフターケア

産毛の脱毛を行ったあとの顔の肌はとてもデリケート。
そもそも顔は体の中でも皮膚が薄く、毛細血管の色が透けて赤ら顔になったり、クマができやすくなったりします。
この点を考えると、顔は肌のなかでも特に優しくお手入れをしなくてはなりません。

顔の皮膚は薄いため、いったん水分補給をさせてもすぐ水分がなくなってしまいやすい場所です。
「保湿」を考えると、化粧水のほかに適度な油分をもつ乳液やクリームを併用して、水分を肌に閉じ込めるお手入れを行うと良いでしょう。

体は顔に比べると皮膚が厚い部分が多いのですが、常に衣服とこすれたり、場所・季節によっては紫外線や外気にさらされたりして、ダメージを受けやすいと言えます。

脱毛を行う場所によりますが、腕や足などはボディローション等を使って特に念入りな保湿を行いましょう。
脱毛直後は肌が敏感になっているため、当日はシャワーのみ、肌への刺激を減らすためにぬるめのお湯を使うと良いでしょう。また、ボディタオルは使わず、しっかりとボディソープを泡立てて手のひらで優しく体を洗うと、刺激が少なくておすすめ。
ひりひりするという場合はしっかりと保湿を行ってから、アイスノン等でクールダウンさせると痛みを軽減できます。

●保湿グッズ選び方

保湿フェイスクリーム

フェイスクリームは乳液と似ているのですが、乳液よりも油分が多く、こってりとしたテクスチャーのクリームです。脱毛後の乾燥した肌には、乳液とフェイスクリームは、両方使うことで保湿効果を強化できます。無香料・無着色で肌に刺激となる成分が入っておらず、敏感肌の方にも使われているものだと安心して使えます。顔のお手入れの仕上げに使いたいアイテムです。

ボディミルクローション

乳液のように使える、なめらかなミルクタイプの保湿剤です。
しっかり保湿をしてくれるのはもちろん、香りのバリエーションが広く、脱毛後のお手入れを楽しい気分にさせてくれるのも高ポイント。ベビーオイル入りで肌を優しくカバーし、水分をキープしてくれるものもあります。

保湿オイル

ホホバオイル:保湿効果が高く、刺激の少ないホホバオイル。顔はもちろん髪や体にもたっぷり使えてコスパに優れており、全身しっかり保湿ができるアイテムです。

ベビーオイル:生まれたての赤ちゃんにも使えるほどやさしい、低刺激のベビーオイル。
脱毛後のデリケートな肌にすっとなじみ、やさしく保湿してくれます。顔や体はもちろん、デリケートなVIO部分の保湿にもおすすめです。

●脱毛後に注意するべきこと

アルコール摂取

脱毛後は、アルコールを控えましょう。
脱毛を受けるサロン・クリニックでは注意喚起が行われているほか、サロンによっては「アルコール依存症の方」は施術を受けられないというルールが設けられていることも。
アルコールを摂取すると、体のなかで分解されるときに熱を生み出します。お酒を飲んで体が暑くなる・火照るというのは、このためです。

日焼け

日焼けは脱毛を受けるにあたり「禁忌」とも言えます。
日焼けは肌が炎症を起こしている状態で、人によって経過は異なりますが多くの場合肌が赤くなり、痛みを伴います。ひどい場合には水ぶくれができ、まさにやけどと同じ状態に。
そのため、日焼けをした状態では脱毛を受けることはできませんし、もちろん脱毛後にすぐ日焼けをしてしまうのは肌にとって大きなリスクとなります。

アルコールの摂取と同様に、日焼けは体に熱をこもらせてしまう原因となります。
日常の保湿ケアを行うとともに、脱毛を受けたあとはしばらく日焼けをしないよう、外出時に気を付けましょう。

 

運動・入浴

こちらも禁忌と言えるのが、脱毛を行う前後の運動です。
脱毛後に汗をかくと、体に熱がこもってしまうことはもちろんですが、もし汗に雑菌が混じっている場合は脱毛直後の毛穴に菌が入り込み、化膿してしまうことも。

脱毛後に入浴すると、血行が良くなることで、脱毛により上がっているお肌表面の温度をさらに上げてしまうことになります。お肌表面の温度が上がると、脱毛後の副反応である赤みやかゆみが出やすくなる原因となります。

また、汗をかいたときにゴシゴシとタオルでこするなどの刺激を与えるのも、肌にとって良くありません。
肌トラブルに遭わないためにも、脱毛前後は必要以上に体温を上げたり、汗をかいたりしないように努めましょう。

 

きれいなつるつるの肌を手に入れるためには、相応のお手入れが必要です。
脱毛の施術を受けるのはもちろん、その脱毛効果を最大限に高めるため、

日ごろからしっかりと保湿・お手入れをするように心がけましょう。

ご予約・ご相談はこちらから↓

ご相談・予約フォーム

-脱毛

© 2021 エステサロン Ange Powered by AFFINGER5