脱毛

妊娠中の脱毛は?妊娠中の自己処理方法について~佐野サロンアンジュ~

妊娠中の女性のお悩みのひとつとして「ホルモンバランスの変化によって体毛が濃くなってしまうこと」が挙げられます。
普段通りに処理をしようと思っても、お腹が大きくなることで自己処理が困難になることも。

妊娠中の脱毛がNGな理由、妊娠中に毛が濃くなりやすい理由、妊娠中の自己処理方法、脱毛を再開するタイミングなど詳しく説明します!

●妊娠中は脱毛できるの?

妊娠中、脱毛の施術は受けられません。
脱毛サロンだけでなく、医療機関である皮膚科や美容クリニックでの医療脱毛も同じです。
妊娠中に脱毛ができないことについて、さまざまな理由が挙げられます。

お肌が敏感になる

妊娠中に起こりやすい体の変化として、肌荒れ・乾燥が挙げられます。
妊娠中のストレスのほか、ホルモンバランスの乱れによって肌の状態がコロコロと変わりやすく、脱毛を受けると肌にとって良くない刺激になる可能性があります。
人によっては、何でもない状態であっても脱毛を受けた際に赤み・痛みなどを感じることがあるため、肌荒れが起こりやすい妊娠中に脱毛を受けるのは避けた方が良いでしょう。

また、妊娠中はシミ・そばかすができやすくなるというマイナートラブルもあり、黒いものに反応する光脱毛(フラッシュ脱毛)やレーザー脱毛を受けると、火傷などのトラブルが起こりやすくなるため脱毛はできません。

痛みを感じやすいことがある

肌トラブルが起きやすい妊娠中は、いつもよりも痛みを強く感じる可能性があります。

肌の調子が整っていない状態で脱毛を受けると強い刺激になり、妊娠前とは違って痛みを強く感じやすくなることがあります。強い痛みのせいで子宮が収縮、いわゆる「お腹が張る」状態になると、胎児にとって非常に良くありません。

脱毛を受けることで胎児に直接的な影響はないと考えられていますが、痛みや緊張のせいでお腹が張る状態を誘発する可能性は十分にあるため、脱毛は控えましょう。

施術中の体勢が負担になる

お腹が大きくなると、それまでは平気だった体勢がつらく感じるようになります。我慢していると、気分が悪くなったりむくんだりなどの症状が現れることがあり、妊婦さんには大きな負担になります。また、うつ伏せで施術するような場合に呼吸がしにくくなるという点も、妊娠中の脱毛がNGである理由の一つです。

つわりなど体調の変化がおきやすい

妊娠中に起こるつわりは、普段の生活では気にならないような匂いにも反応することがあります。脱毛を受ける際に使うローションやジェル、タオルの匂い、サン内の匂い、行き帰りの電車の匂いなど、さまざまな匂いで気分が悪くなる可能性があります。

また、体調が悪くなって急に予約をキャンセルしたいという場合もあるため、妊娠中は脱毛に不向きと言えるでしょう。

●妊娠中、産後に毛が濃くなる理由

ホルモンバランスの乱れにより、いったん処理をしたはずの場所から再びムダ毛が生えてきたり、これまでになかったムダ毛が生えやすくなったりします。
これは、毛の成長を促す働きを持つ「プロラクチン」というホルモンの分泌量が増えるためです。いつものように脱毛を受けたとしても、思うような効果が得られない可能性があります。

産後の抜け毛

妊娠中に体毛が濃くなったと感じても、産後は一気に抜け毛が増えたと感じることが多くなります。

これは、妊娠中に多く分泌されていた女性ホルモンの一種・黄体ホルモン(プロゲステロン)が産後になると一気に減ってしまい、それまで抑えられていた男性ホルモンが働き始めるためです。
男性ホルモンは抜け毛を増やす作用がありますが、妊娠中は黄体ホルモンによってその分泌量が抑えられていました。

しかし、産後は男性ホルモンが再び作用し始め、妊娠中に抜けにくくなっていた毛が一気に抜け落ちてしまいます。
産後、異様に抜け毛が増えたと感じる人が多いのは、このためです。

多くの場合、必要以上に毛が抜けているのではなく、もともと抜けるはずだった毛が一気に抜けているだけで、妊娠中に乱れていたホルモンバランスが元に戻り始めていると考えましょう。この期間には個人差がありますが、産後数か月から1年程度続くことが多く見られます。

●妊娠中の自己処理方法

妊娠中に脱毛サロンへ通うことはできませんが、それでもムダ毛を何とか処理したいと思う妊婦さんは少なくありません。

たとえば、妊娠中にしか撮れないマタニティーフォトを撮りたいという場合や、妊婦健診の際にお腹の毛を見られたくない、夫や家族に毛深いところを見られたくないなどの理由で、どうしても脱毛がしたいという場合があるでしょう。

電気シェーバー

脱毛方法は「電気シェーバー」が最もおすすめです。
肌に負担がかからない、傷をつけないように注意を払いながら処理をし、その後はしっかりと保湿などのお手入れをしましょう。お手入れに使うスキンケアアイテムは、敏感肌用など刺激が少なく、肌に合ったものを使いましょう。

 

NG方法

その他の方法として毛抜きを使う、ワックス脱毛をするなどの方法があります。しかし毛抜きは痛みが強いことや、毛を抜いたあとの毛穴から雑菌が入って肌トラブルが起きやすいこともあり、使わない方が無難です。

また、ワックスによるムダ毛処理もおすすめできません。
ワックス独特の匂いで体調不良を引き起こしたり、妊娠前と違って肌質が変化している可能性もあるため、肌トラブルが起こったりするからです。
このように、妊娠中の脱毛方法はさまざまな肌トラブルを避けるためにも、電気シェーバーを使った方法がおすすめです。

 

●出産後に脱毛を始めるタイミング

出産後に脱毛を始める・再開するタイミングは、生理が2~3回来て、生理周期が安定した頃がおすすめです。
また、ほとんどの脱毛サロンやクリニックでは、授乳が終わった後ということも条件になっており、体調が変化しやすく、薬の影響を受けやすい授乳中はもう少し脱毛を我慢する必要があります。

当店では、脱毛コースプランがないため急な事態にも対応しやすくなっております!

お支払いもクレジット、ペイペイ、現金がご利用頂けます!

ご紹介割引!おひとり紹介ごとに3000円割引!実質一回分無料!

コスパ良く自分のペースで綺麗を目指しましょう!

ご予約、ご相談はこちらから↓

ご相談・予約フォーム

-脱毛

© 2021 エステサロン Ange Powered by AFFINGER5