脱毛

【ひげ剃り】青ひげ、肌荒れに効果的な対策から自己処理が楽になる脱毛まで エステサロンange

朝ひげを剃ったのに、夕方にはひげが青くなって来る、青ひげ。人によっては顔色が暗く見えたり、実年齢より上に見られたり、印象が悪く見えてしまうこともあり、青く見えるの治したい、改善したいと思う立場の人も多いでしょう。剃れば剃るほど肌も荒れガチになりますよね、

ひげの青みを抑える方法、消す方法に手っ取り早いのは脱毛がありますが、正しいひげ剃りを行うことで青ひげ対策になることを紹介していきます。

青ひげとは

青ひげとはひげを剃った後、皮膚の中に残っているひげが透けて見えている状態です。どれほど深く剃ったとしても皮膚の奥に残っているので除去することは出来ません。毛穴の深さは2〜3mmほどあるため全てを除去するためには毛根から除去しなければなりません。

つまり剃り残しがある訳ではないのです。毛は黒いので本来は黒く見えるはずですが、ひげに当たった光が反射して青く見えます。さらに、肌が白いほどひげは目立ってしまいます。

 

青ひげ対策

皮膚の下にあるひげをどうするか、が青ひげ対策のポイントになります。いくつかご紹介していきます。

 

男性ホルモンが原因の一つ

当然とも言えますが男性ホルモンがひげや体毛を濃くすることと関係しています。そのため女性ホルモンと似た働きをするイソフラボンが含まれているものを食生活に取り入れることでひげの発育を抑制することができるかもしれません。

イソフラボンを多く含む食品

納豆、大豆飲料、豆腐、油揚げ、きな粉、みそ

ひげ剃りの前処理を行う

ひげを剃る前に洗顔を行いましょう。洗顔することで毛に水分が吸収され、膨張します。そして蒸しタオルを使用し肌を温めることで毛穴が開き、無理なく深剃りをすることが出来ます。

 

シェービングクリームなどを使う

シェービングクリームやジェルは肌の滑りを良くすることで肌へのダメージを抑えることができます。シェービングクリーム自体にも毛を柔らかくする成分があるため、太いひげや青ひげの方には特におすすめです。

 

切れ味の良い刃を使う

切れ味の悪い刃はカミソリでもシェーバーでも何度も剃ることになり、肌へダメージを与え、ひげが濃く硬くなる原因にもなります。肌が弱く肌荒れしやすい方はシェーバーの方が好まれますが、より深ぞりをするためにはカミソリの方が適しています。

どちらを使うにせよ切れ味の良い状態を保つことが必須です。

 

日焼けをする

肌の色が濃くなればなるほど、ひげと同じ色になるため青ひげは目立たなくなります。ただし、日焼けを継続的にすることでシミやそばかすの原因になる可能性があります。また紫外線を過度に浴び続けることはシワやたるみ、皮膚がんのリスクにもなります。

 

ひげを伸ばす

青ひげが青く見えるのは剃って短い状態にしているからです。逆に伸ばすことでひげをファッションとして楽しむことも一つの方法と言えます。

 

最後に

ひげ処理を効果的に行うことは時間と手間がかかることがお分かりいただけていると思います。剃り方を工夫したり、生活習慣を改善することで目立たなくなる工夫はできますが、ひげ脱毛をすることで日常の手間を少しでも減らす手助けになればと思っています。

また、青ひげで悩まれている方の中には完全にひげを無くしたくない方は自己処理が楽になるまでの脱毛をおすすめします。ひげの濃さで脱毛の回数も変わってきますが、一般的に6回を目安に自己処理が楽になってきます

気になる部分邪魔な部分だけでも脱毛することで悩みから解放される手助けになればと思います。

参考金額 ひげ脱毛3000円 ×  6回 =18000円 

詳しくは下記を参照してください

佐野市 限界価格 最新式ハイブリット脱毛 SHR・IPL方式 完全予約制 3千円無痛脱毛

ハイブリット脱毛について フェイシャルエステについて 問い合わせ 期間限定キャンペーン 佐野ケーブルCM記念  限定500円割引クーポン配布中 +  3000円の紹介割 = 実質無料 詳しくはお問い合 ...

続きを見る

 

-脱毛

© 2021 エステサロン Ange Powered by AFFINGER5