フェイシャルエステ

冬の肌トラブルの原因と保湿方法~佐野エステサロンアンジュ~

空っ風の吹く秋が過ぎ、本格的に寒さが増してくる冬シーズン。
カサつきやかゆみなど、なんとなく肌の不調を感じている人も多いのではないでしょうか。
実は、このような肌トラブルを招く原因が、冬はとくに多いことをご存知ですか?

冬における肌トラブルの大きな原因のひとつは「冷えによる乾燥」です。
外の気温が低下すると、肌に触れたり、吸い込む空気によって体内は冷え、また湿度も低いので乾燥もしてしまいます。


乾燥した肌はどんどん敏感になり、いつものスキンケアが刺激になる可能性もあります。
日頃から十分なうるおいを与えつつ水分をしっかりキープすることで肌を健やかな状態を保つことが大切です。

冬の肌トラブルの原因

バリア機能が低下している

冬は外部刺激から肌を守るバリア機能が低下しています。そのため他の季節では問題にならないホコリや花粉などの物質によって肌トラブルがおこりやすくなります。また、肌のバリア機能が低下している状態では、肌の水分が蒸発しやすいため、放置すると乾燥が悪化する恐れがあります。

水分量と皮脂量のバランスが崩れている

肌のバリア機能は、皮膚の最も外側にある角層と皮脂によって保たれています。空気が乾燥する冬は、肌から水分が奪われやすいため、水分量と皮脂量のバランスが崩れがちになります。最終的には皮脂量も低下して、肌が乾燥するのです。

乾燥(湿度の低さ、エアコンの風、夏に受けた紫外線など

冬は湿度が低いため、肌の水分が奪われて乾燥します。またエアコンによって部屋の空気が乾燥することも原因の1つです。さらに夏に受けた紫外線のダメージが肌にあらわれる形で乾燥する場合もあります。

こまめなスキンケア、エアコンの使用を控える、夏に紫外線対策をしておくなど、肌を乾燥させないための工夫が必要です。

保湿方法

加湿器

加湿器は空気中の水分を保つのに役立ち、乾燥してカサつくのを防いでくれるそう。特に、肌が最も回復する夜、寝ている間につけて寝ると効果的。

熱いシャワーや長風呂に注意

熱いシャワーやお風呂は気持ちいいけれど、残念ながら肌の油分が奪われてしまう。

上がったら、コットンのタオルを押し当てて肌をこすらないように水気を取り、肌が湿っているうちにボディクリームを塗ると吸収率が高まる。

成分のつよいものに注意

レチノールなどの強力な成分を配合したニキビ治療薬やアンチエイジング美容液は、副作用で乾燥する場合がある。1日おきに使うようにすれば、カサつきを抑えることができる。

しっとりタイプに変更

ライトなさっぱりタイプのモイスチャライザーを使っている場合は、シアバターなどの成分が含まれているものに変え、水分を閉じ込めるようにしよう。

ボディクリームを使う

ボディクリームは、容器を逆さまにしても落ちてこないようなものが理想的。シアバターなどを配合し、肌を刺激したり乾燥させたりするパラベンが含まれていないものをおすすめします。

光エステ~Eライトフェイシャル

当店の光フェイシャル(Eライト)はフィルターを変えて様々な肌トラブル、悩みにあった施術が可能です!

肌トラブルを起こしやすいこのご時世、当店のEライトフェイシャルを考えてみませんか?

 脂性肌によりニキビが出来やすいニキビケア480nm(表皮)1週間に1度の施術可能ニキビの毛穴の中にいるアクネ菌が出すポルフィリンに反応し、光エネルギーがニキビの原因であるアクネ菌を殺菌します。
赤ら顔、ニキビ跡が気になる

ニキビ跡、シミ、くすみが気になる、美白にしたい

お肌のハリを出したい、小じわが気になる

毛穴の開き、ほうれい線やしわが気になる リフトアップしたい
530nm(表皮)

590nm(表皮、真皮)

640nm(真皮)

690nm(真皮)  
ヘモグロビンの赤い色素に反応させ毛細血管を目立たなくさせます。
赤みのあるニキビ跡にも効果的です。

沈着したメラニン色素に刺激を与えます。
茶色く変色したニキビ跡を薄くします。

コラーゲンやエラスチン、ヒアルロン酸を生成する細胞に刺激を与え肌にハリを与え、保湿力をUPさせます。

640nmよりさらに奥に届く波長、お肌の深層部からの毛穴やしわなどが気になる方に有効です。

ご予約・ご相談はこちらから↓

ご相談・予約フォーム

-フェイシャルエステ

© 2022 エステサロン Ange Powered by AFFINGER5