脱毛

【佐野市エステサロンange】 ひげ脱毛のデメリット 内容を確認 回数、効果は?後悔しない契約へ

 

ひげ脱毛のデメリット

ひげは清潔感や第一印象を左右する重要なポイントです。ひげがなくなることで清潔感が高まり、毎日の自己処理の手間が軽減されます。カミソリで肌が荒れる、ニキビができるなどのトラブルも軽減されるため脱毛を考える人も増えています。

そのためひげ脱毛は男性が脱毛を考える一番の部位になっています。ただし、デメリットもあるため今回施術を受ける前に気をつけていただきたいことを紹介していきます。

 

費用面

ひげ脱毛を行う際、金額がネックになる場合がある。ひげ全体の脱毛を行う場合一般的に20万前後かかる。また、医療脱毛か光脱毛かで効果、回数、金額もさらに変化がある。

しかし、ひげ脱毛は今後の人生においてひげが不要と考えている方にとっては、コストパフォーマンスの良い処置であると言えます。一般的にひげ処理にかかる平均時間人生で約4ヶ月、かかる金額は約50万と言われています。またこのコストと時間をかけてもひげは無くなりません。

そのため一般的な20万前後の金額をかけたとしてもひげ脱毛の価値があることは間違いありません。

angeのひげ脱毛は一回3千円のみの限界価格で提供しています

 

ひげが生えなくなる

当然だが脱毛するので後でひげを生やしたいと言っても生えてはきません。ただ永久脱毛をしたからといって人によっては脱毛後全く生えてこない人もいれば、ちょろっと生えて来る人もいます。しかし脱毛前には戻れません。そのため今後ひげをファッションとして楽しみたい方にはよく考えて決断してほしい。

ただ頬のみ、あご下のみ脱毛したいなど部分脱毛も可能ではある。

 

通うのが面倒

申し訳ありません、脱毛は1回では終わらないため光脱毛の場合少なくとも6回以上、当店では10回を目安におすすめしています。脱毛の処置を行った後は3〜4週間開けて脱毛を行うので最短でも半年以上はかかります。施術時間はひげのみであれば10分かからずに終わります。

回数や効果の違いをまとめは下記リンク

何回脱毛すればいいのか?ヒゲ、腕、あしの回数は?効果はいつでる?エステサロン ange

脱毛効果!比較解説! 脱毛を行う際に何回かかるのか?が最も気になる方が多く見られます。 そのため今回「脱毛はどれくらいの回数で終わるのか?」、「一回だけの脱毛でも効果が出るのか?」、「毛の濃さによって ...

続きを見る

 

肌の炎症が起こる場合がある

脱毛は毛にダメージを与えるために熱エネルギーを使います。その熱によるダメージが肌に強く現れる場合があるます。

脱毛の炎症

肌が赤くなる、肌が乾燥状態になる

出力の調整を行いベストな強さで行いますが、赤みが出た場合は冷やす、保湿をする、入浴を避ける、飲酒を控えるなど体を温めず冷やすことで症状を改善することができます。

 

施術の前後は日焼けできない

日焼けしている肌に脱毛を行うことは可能ですが、日焼け直後の脱毛は肌のトラブルが増えてしまいます。脱毛には熱エネルギーを使うため日焼けで肌が火傷状態の場合、肌が回復してからの脱毛になります。また脱毛直後の日焼けも火傷の原因、肌トラブルの原因になるためご注意ください。

 

毛の自己処理の制限がある

自己処理を行う際に毛抜きを使用している方は毛抜きを絶対にやめるようお願いします。毛抜きでひげを抜くことは肌へ負担をかけ、脱毛の際の肌トラブルの原因になります。また埋没毛ができる可能性があるため自己処理はシェーバーがおすすめです。

 

まとめ

ひげ脱毛にはデメリットがありますが、事前確認や相談によって解消されることが多いため施術前の準備が必須になります。脱毛を後悔されないためにも不安、料金など気になる方はお気軽に相談フォームをご利用ください。

相談フォーム

-脱毛

© 2021 エステサロン Ange Powered by AFFINGER5